医師が見たドリームアート岩波英知先生の技術と評判の検証

医師BJが見た岩波英知式トランス誘導技術とその評判についての真偽を主に扱っています。私を含めて多くの医師が岩波英知先生のプログラムを受けています。医学的見地から、私的体験から、なるべく客観的に考察していきたいと思っています。これだけ高度な情報化社会になっても、脳と無意識について私達医師もわからないことだらけです。わからないからこそ、多くの疑問が生まれてきます。特に岩波先生の技術とそれによって生み出される効果は不可思議です。それだけに奥が深く魅了されています。

トランス誘導技術は昔からどう変わったか。私の所見と体験

私が自律神経失調症、手の震え、書痙などでお世話になった頃と比べ、岩波英知先生の技術は進化していると言われています。

 

最近通った人は、同じ体の硬さの人が過去に深い変性意識状態・トランス状態に入るのに要する苦労や努力に比べると、恵まれていると言われてるようです。

 

誘導技術の進化前に、同レベルの深い意識の世界に入る努力が10の量必要として、今は2か3ぐらいでいいと聞いた。

 

個人差はあるにせよ、かなり技術的に受けやすくなっているのは間違いない。

 

私も進化したと言われている技術を機会があって受けてみました。


本当に楽でスムーズに、そしていつの間にか何の苦しさも抵抗感も不安感もなく、トランス状態に入ることができ、マイルドなのに深いという矛盾した感覚を味わいました。

以前は深くトランスに入るためには、インパクトの有る体感が必要だったが、マイルドでまろやかなまま、深い意識の流れに入ってくれます。

 

誘導への不安感が少ない、いや殆ど無かったことは、大変良いことだと思います。

 

防衛本能が強い人ほど、トランス誘導技術の時に体を固くし、より深いトランスへの入りを自分で妨げていました。

それもなくなり、体が硬い人でも深いトランスを味わえ、深い感情の世界に微睡めるということは、それだけトラウマ、抑圧浄化処理が可能になったということ。

 

たくさんの呼吸法をして、ストレッチをして体を柔らかくして、岩波先生による脳の条件付けが積み重なって、脳の奥深くがパカっと開く手順が以前はありました。

現在では、初回の人でも(個人差はある)そうなれるようになったことは、受ける人にとって大きな進歩でしょう。

それだけ負担が心身ともに少なくなっているからです。

 

だが、呼吸法やストレッチはそれでもやってきたほうがいい。

 

他力本願で先生に任せっきりで取り組んではいけないことは、いつの時代もそうです。

 

自分の内面と向き合い、浄化させられるのは、本人しかいないのだから。

 

先生も暗示をかけたり、心に染みる成長するためのアドバイスを、トランス後の魔法の時間の時に語ってくれるが、自分の無意識に語りかけるのは、本人しかいない。

 

 

 

進化した効果のもう一つの要素は、先生がトランスの深さや質の種類や衝撃の大小を自由自在に操れるようになったということだと思う。

 

おそらく私が当時受けていた時には、そこまでのコントロールはできなかったと思います。

 

トランス体験が深い浅いの調節はできたかもしれないが、トランスの質や種類や味わいまで変えることはできなかったと思います。

 

施術者である先生が自在にコントロールできるということは、どんな意味があるのか?

 

人によって性格や捉え方から生い立ちまで様々で、人それぞれ反応が違っていて、画一的に誘導してしまうと、どこかでひずみが来ると思います。

 

受ける側に防衛本能の強弱もあれば、覚悟の量も違う。

体が柔らかい人、硬い人、怯えやすい人、鈍感な人、精神世界への教養がある人、全く知識がなく心構えがない人、知恵を使ってしまう人、とりあえず任せることができる人、たくさんの種類の人がいるでしょう。

 

その人の特質に一番合った誘導法が先生の方でできるようになったのは、受ける人にとってありがたいことです。

 

知恵を使って状況判断をし始めると、人は脳も体も硬くし始める。

そういう癖がある人を無理にトランスに誘導すると、どこかでひずみが来るものだと思う。

 

そのひずみが受ける側の負荷となってしまったりする。そうなると、質のいいトランスには入れず、インパクトオンリーで終わってしまう。
(大事なのはインパクトの大きさよりも、余韻の長さと質の深さ)


しかし、いち早くその人の特性にあった誘導法を瞬時に見極められて、調節できるようになった(と先生が言っていました)ことは、質のいいトランスに入るためにはとてもいいことでしょう。

 

怯えやすい人でも、マイルドに誘導したほうが防衛本能が発動せず、逆に深いトランスと長い余韻状態を引っ張り出せることが可能になったということ。

 

岩波先生もそう言っていました。

 

インパクトがあっても、それでも深く強烈なトランスを味わいたい人は、その人の希望を聞いて、誘導したりできます。

 

ずっとマイルドにやってもらいたい人、常に強烈にやってもらいたい人、交互に味わいたい人、まずは不安感と恐怖心を少なくしたい人、それぞれの希望に叶えられることは、私はとても良いと思う。

 

その人の脳の動きの隅々まで、岩波先生は把握できる様になったという。

 

微妙な目の動き、指先から伝わる感覚、呼吸の質、何を考えているのか、知恵を使ってしまったのか、自分で入ろうとしてしまったのか、すべてを感覚的に悟ることができるようになり、深いトランスにスムーズに、誰でも誘導できるようになったとのこと。

 

この誘導技術は岩波先生しかやってはいけないことは、口を酸っぱくして言いたい。

他の人が誘導技術の本質をわからず真似てやっていたら、医師として止めます。

岩波先生の天才的な感覚が技術を進化させることができたわけであって、他の人がやるべきものではない。

 

先生は夢があると言っていた。

 

そのために常に技術を進化させようと頑張っている。

 

私も先生に負けないように、本業で頑張りたいと思う。

 

すごく刺激になりました。

 

 

そして、改めてつくづく思ったことがある。

 

失った時間は取り戻せないってことを。

 

私はもっと先生に出会っていたら、もっと早く苦しみから抜け出せただろう。

 

しかし、今後失った時間以上の密度ある人生を送って行きたいと思った。

 

願わくば、先生と出会った人は、時間を大切にして生きて欲しいと思います。

 

悩んで苦しんだ時間は取り戻せないが、これから先の時間は、いくらでも有意義に使えるのだから。

 

苦しんだからこそ、それを反動にして、頑張って欲しいと思います。

 

応援しています。

 

 

dreamscometrue27.hateblo.jp