医師が見たドリームアート岩波英知先生の技術と評判の検証

医師BJが見た岩波英知式トランス誘導技術とその評判についての真偽を主に扱っています。私を含めて多くの医師が岩波英知先生のプログラムを受けています。医学的見地から、私的体験から、なるべく客観的に考察していきたいと思っています。これだけ高度な情報化社会になっても、脳と無意識について私達医師もわからないことだらけです。わからないからこそ、多くの疑問が生まれてきます。特に岩波先生の技術とそれによって生み出される効果は不可思議です。それだけに奥が深く魅了されています。

呼吸法の劇的な効果とは?そして呼吸法の限界 呼吸法の効果を最大限発揮するために

自己の内面世界をのぞいたり、精神世界に入ろうとする時、あるいはリラックスしたり脳を活性化させる方法に呼吸法があります。
 
呼吸法の効果効能は現実に素晴らしいものの、多くの人が呼吸法にチャレンジして挫折したり停滞しています。
 
呼吸法のことはいろいろな本やネット上でも書かれてあるが、ちょっとしたリラックスはできているけれど、本に書かれてあるような理想の効果を得られるかというと、結構役立たないものがある。
 
落ち着きたい、心を清めたい、ストレスを吹き飛ばしたい、不安感や焦燥感を取りたい、緊張を鎮めたいと思っても、呼吸法は理想通りに進めることができないし、効果を期待すればするほど、効果が上がらない矛盾に陥ってしまう
 
 
 
上に貼り付けたリンク先にも書いてあるが、呼吸法の最大の弱点(瞑想やスピリチュアリティにも言えるだろうが)は、呼吸法をやる人と呼吸法により効果を体感する人を同一人物がやらなくてはいけない点にある。
 
コツを掴めば、一人でも呼吸法をひたすら感じながら、さらにどんどん質を深めていくことは可能だが、効果を一刻も早く実感した人にとっては、それはなかなか難しい
 
頑張ること、期待することを捨て去ることは異常な難しさを伴うからだ。
 
それが最初からできたら誰も呼吸法や瞑想がうまくいかないと悩んだりはしないだろう。
 
 
呼吸法は、やらないよりはやったほうがいいが、まずは過度な期待はしないほうがいい。
 
期待すればするほどうまくいかない負のサイクルに入りやすい。
 
うまくいかないとあれこれ策を講じて、緊張感を作り出す。
 
ちょっとしたリラックスどころか、緊張を感じながら呼吸法をやることは、それでもやったほうがいいが(呼吸法の量を引き出してくれる先生の元ならば)、効率は悪いし、心が折れたらどうしようもない。

f:id:dreamscometrue27:20180610184509j:plain

 
呼吸法の効果を最大限発揮するには、深くすごい実感を伴ったトランス状態の余韻が脳に残っているうちにやると、ものすごく脳に焼き付く。
 
岩波英知先生が言うには、施術を受けたその日のうちに呼吸法をとことんやるといいそうで、私もその日は徹底的にやった。
 
その日以外だと、意外にやろうと思っても機会を逸したり、仕事が忙しくて時間が取れなくなるため、活性化した脳の鮮度があるうちにやったほうがいい。
 
 
岩波先生の誘導技術もそうだが、こちらは努力をする必要はない。
 
ただ先生の言われたとおりに素直にやればいい。
 
緊張しながらでもいい。
 
あんまり自分のことでいっぱいいっぱいになると、先生の言葉にすぐ反応できなくて、タイミングがずれることがあるから、そこだけは注意すればいいし、とにかく徹底的な受け身がいい。
 
 
呼吸法もそれと同じで、徹底的に受け身になることだ。
 
独力の呼吸法がすごく調子がいい状態を味わった人は、徹底的な受け身になった時、いわば力がスーッと抜けていてひたすら体感してながら呼吸法をしている時、どんどん深まっていく体験をしたと思う。
 
その状態が理想だ。(だが最初からやろうとすると意外に難しい)
 
呼吸法がうまくいくときの条件は、「能動的に呼吸法をする<<感じて浸っている自分」でなければならない。
 
そんな状態の時、体がもとから固い人も柔らかい人も関係なく、すーっと変性意識状態に入っていきやすい。
 
そこで効果を求めないであるがまま、流れるまま呼吸法をやっていくと、さらに別次元の深さに入っていく。
 
 
私が岩波英知先生の誘導技術を受けたあとに呼吸法を徹底的にそれこそ徹夜してでもやり続けたほうがいいと思うのは、そんな理想の脳に施術後12時間ぐらいは残っていると実感したからだ。
 
変な努力も頑張りもいらずに、先生に授かった理想の脳の状態のまま、たんたんと呼吸法をやることが大事。
 
ストレスや疲れがすっかり抜けたから、遊ぼう、ぼんやり浸っていようと思うのはもったいない。
 
もし独力で呼吸法を極めようとしたら、あっという間に日が暮れてしまうだろう。
 
コツを掴むどころか、焦りの罠に自らハマってもがくだけもがいて効果なしなんてことは、よく聞く話だ。